日日是好日

セラピスト藍のブログ
Life as Art ~ライフスタイルをデザインする暮らし~

窓辺のドライフラワー

死の直前、
過去の出来事が
走馬灯のように駆け巡る。
 

と聞いたことありますか?
 
それによく似た体験をしていたのです。

 

窓辺のドライフラワー

Dried flowers

 
私は人があまり経験しないことを
経験したことがあります。
 
 
こどもの頃、それを人に話すと
嘘つき呼ばわりされて
ひどく心が傷ついたんですよね。
 
何ひとつ嘘なんてついていないのに
誰もわかってくれませんでした。
 
 
それから私は本音を
人に話せなくなったし、
本音がわからなくなったのです。
 
もっというと、
自分の氣持ちがわからない
という状況に追い込むことで、
人に合わせて生きてきました。
 
不具合が大きくなり、
自分を取り戻す作業を始めたけど
それは簡単ではありませんでした。
 
(これからはスルッと
 できるようになるからご安心を)

しかし真我と繋がる喜びは
想像以上なのです。
 
  
今では、全ての苦しみは
必要な過程のひとつだった
と思えるようになりました。
 
 
今でも自分のことを話すことに
抵抗がないわけではないけど、
 
今を生きるようになればなるほど
過去に起きたことを
すぐに忘れちゃうのです。
 
 
だから記録として、
今まで人に話さなかったことを
ここに残しておきます。
 
 
 
それでは、本題に入っていきましょう。
 
 
この一週間は、過去の出来事、
思い出の清算が起きていました。
 
 
そうしようとしていたのではなく、
 
私の過去の捉え方が変わったから
それが起きたのだと捉えています。
 
 
 
それは寝ようとして布団に入った時や
朝起きてすぐの変性意識状態の時に
数回起きました。
 
 
眠くてウトウトしているのに、
頭の中を過去回想シーンが
鮮明に映し出され、
 
起きているのか?寝ているのか?
どこにいるのかわからない。
 
そんな感じです。
 
 
回想の多くは、
苦しかった出来事で。
 
でもそれをフラットに
ただ眺めるという感覚を味わったのです。
 
 
とても不思議な感覚で
 
ワンシーンワンシーンが
数秒で切り替わっていくから
そんなに長い時間では
なかったのかもしれません。
 
でも凄~く長く感じて。
 
 
こどもの頃、
時間をスローモーションで
感じたことがあるのだけど、
それと似ている感じがしました。
 
 
「私、死ぬのかな?」
 
と感じたりもしたけど(笑)
特に怖いわけでもなく。
 
生まれ変わりの儀式とも
感じたのです。
 
 
 
変性意識状態の時は、
あちらと繋がっています。
 
私はあちらの世界が
こどもの頃から好きで。
 
ていうか、
あっちの方がデフォルトです。
 
といっても、
よくわからないですよね(笑)
 
 
またあっちの世界の話は
書きたくなった時に書きます。
 
いつになるかは、未定です。
 
 
 
では、この体験を通じて
受け取ったメッセージをお伝えします。
 
 
私は”地の時代”の価値観の崩壊、
終わりを感じました。
 
新しいものが生まれる前に、
破壊が起きるのがセオリーです
 
だから離れたり壊れたりすることは
悲しくとも歓迎するものと捉えています。
 
 
何もない空間。
空(くう)の状態であることも
非常に重要です。
 
 
また過去への執着を外し
未来を信頼する力さえあれば
 
ジタバタすることなく
この混沌とした移行期を
すり抜けることができるでしょう。
 
 
自分の力を信じ、
自分の未来を全信頼する。
 
 
あなたに力を与えてくれる
最強のパートナーはあなたなのです。
 
 
あなたの未来は光り輝いていますか?
 
あなたが未来は明るいと信じきることが
未来に光を照らすのです。
 
 
 
長くなってきたので、今日はここまで。
 
 
また続き書きます。
 

 


 
にほんブログ村 にほんブログ村へ
RANKING始めました。応援お願いします♪  
 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA