日日是好日

セラピスト藍のブログ
Life as Art ~ライフスタイルをデザインする暮らし~

野花

徳島から帰ってきて、
色々と面白い?ことが
続いています。
 
車で出掛けてる途中に
忘れ物を思い出し、
路肩に止めてUターンしたら
 
後輪脱輪。
 
冷蔵庫の炭酸水取ろうとしたら
缶ビールが落下。
側面からビールが
シュワ~っと大爆発
 
これはビールにしなさい
というお告げに違いない。
と、穴を急いで指で塞ぎ
コップに注ぎました♪
 
しかしビールに穴が開くなんて
生まれて初めてだわ。
 
毎日のてんやわんやを
面白がっております(笑)
 
 

野花

野花


 
そしてわたしは
最近よく「怒り」が出てきます。
 
ようやく許可が
おりたのかもしれません。
 
 
今日は【感情】について。
 
いきなりですが、
あなたの好きな感情は何ですか?
 
ザックリと分けると
「喜び・怒り・悲しみ」の
3つの感情に分けることができます。
 
○喜び→快・楽しみ・平穏・至福
○怒り→不快・苛立ち・恨み・執念
○悲しみ→恐れ・落胆・恐怖・絶望
など…
沢山の感情があります。
 
 
好きな感情を聞かれたら
「喜び」と答えるかしれません。
 
が、日常的に感じている感情が
喜びであるとは限りません。
 
怒りっぽい人や辛そうな人だって
喜びを感じたいと思っているはず…
なのに感じられないなんて
残念だな~と思うのです。
 
 
と言いつつ、
実はわたしが感情を感じるのが
とても苦手だったのです。
 
もっと丁寧に言うと、
「歓び」を感じることを
自分に許可していない。
 
と氣づいたのです。
 
更には、「怒り」も
簡単に感じないように
抑制していた。
 
そして結局、
身体が壊れてしまったのです。
 
 
なぜそうなってしまったのか?
紐解いていくのに、
【感情の図】が便利です。
 
プルチックの感情の図を観ると
その仕組みがよくわかるので
興味がある人は検索してください。
 
今日はその一部を
解説していきます。
 
 

感情の輪

感情の輪

*画像はネットからお借りしました 
 
赤(怒り)緑(不安)
黄(喜び)青(悲しみ)

 
相反する感情
 
怒りを感じている時に、
不安を感じることはできないし、
また喜びを感じている時に
悲しむことはできませんよね。
 
つまり真逆にある感情を 
同時に感じることができない。
 
というのが
感情の仕組みのひとつです。
 
 
ここを理解しておくと
感情を扱いやすくなると思うのです。
 
だからよーく覚えておいてください。
 
 
「悲しい、誰か助けて~」
 
と感じることが習慣化すると、
自ずと喜びを感じなくなる
ということ。
 
悲しみの奥に
喜びの感情が隠れてしまうのです。
 
 
また「不安だ!怖いよ~」
 
と逃げていると、
怒りがその奥に隠れることになり、
怒りという自己防衛が
できなくなるのです。
 
感情に善し悪しはありません。
 
すべての感情を感じること
って、とても大切なことです。
 
「悲しい」とか「嫌だ」とか
「悔しい」とか「情けない」とか
 
「ムカつく~」って思ったなら
ちゃんとムカついていいのです。
 
でも間違えないでください。
 
相手を憎む為に使うのではなく、
自分の心が感じることに正直に。
そして寄り添ってあげて欲しいのです。
 
悲しい時には、
全身で悲しみを感じてあげる。
 
腹がたった時には、
全身で怒りを感じてあげる。
 
そうすることで、
握りしめていた不快感情を
手放すことができるから。
 
人によって、感じやすい感情や
苦手な感情があります。
 
どの感情も嫌うことなく
感じてあげてください。
 
それが最高の癒やしだから。
 
 
ちなみに感情のことをわかりやすく
描いてくれているお勧め映画です。
 ↓
【インサイド・ヘッド】
 
 
あなたも色々
感じてくださいね❤
 
 
では、今日はここまで。
 
 


 
ポチッとひと押し↓ 
 にほんブログ村 にほんブログ村へ
RANKING 応援お願いします♪
 
 
感想はこちらまで 

mail


 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA