日日是好日

~Life as Art ~ライフスタイルをデザインする暮らし

きのこを食べるシャンタン
シャンタン/宮井陸郎

シャンタンアート Shantam Artとは

シャンタンアートとは、内なる神と繋がる「神の芸術作品」観るだけで癒やされる ”高波動アート” 瞑想し空っぽになった身体でシャンタンアートを眺め高波動エネルギーを入れる。「瞑想+アート鑑賞」を繰り返しエネルギー密度を高めていけば、内なる神と繋がる。今のあなたに必要な変容が始まり、意識は覚醒するのです。「世界に光の柱を立てる」という ライフワークの一環でもあるシャンタンアート。アナンド・シャンタンは、 ひとつひとつに癒しのエネルギーを込め作品を生み出しているのです。  

アンディ・ウォーホル大回顧展 1983
シャンタン/宮井陸郎

宮井陸郎(シャンタン)とアンディ・ウォーホル展

新しい映像。芸術を追求していた 若き日の宮井 陸郎 氏 岡本太郎や瀧口修造なども訪れていた1960年代 新宿にあった画廊喫茶 風月堂に集まっていたひとりから聞いたニューヨークのウォーホルの展覧会の話。それが ”ポップアート” アンディ・ウォーホルとの衝撃的 出会いとなる。サイケデリックアート運動の先駆け 宮井陸郎氏が生み出す高波動アート、シャンタンアートには、ウォーホルから受け継いだポップアート、美的感覚が引き継がれている。