日日是好日

セラピスト藍の日記

 

 

 

 

 

私にはこの世界に絶望した過去があります。
 
皆に人当たりよく、いい人を演じ、
自分の氣持ちを無視して生きることが
どれだけ自分の心を傷つけるのかを学びました。
 
 
嘘笑いを し続けることに疲弊し、
何もできず 何も感じないところまで 落ちたのです。
 
もうこれ以上 落ちるところが もうない・・
 
そうなった時、怒りが出てきて 驚いたことを
今でも はっきりと覚えています。
 
「なんで私が こんな思いをしなくちゃいけないのよ!
 私はこんな悲観的じゃなかったはずなのに・・」
 
 これからは生きたいように生きる。
 
「誰になんと言われようと、私はわたしのために生きる。」
 
これが私の最大のターニングポイントだったのかもしれません。
 
 
そして ”自分のやってみたい” を 叶えてあげる。
と 心に誓ったのです。
 
なのに 自由にやりたいことをやろうとした時、
初めて自分のやりたいことが何なのかさえもわからず、
 
好きなものを食べていいと言われても
それが何なのかわからないことに氣づきました。
 
私はどれだけ自分のことを置き去りにしてきたのか?
 
再度 絶望に襲われ、
そして 探究心・闘争心が 芽生えたのです。
 
「わたしが 何故こんなことになったのか 知りたい。
 必ず 自分の力で 見つけてみせる!」
 
そこから 新しい私が 生まれました。
 
好きなものが 何かは わからないけど、
嫌なことを やめることはできる。
 
何でもいい と言われても選べないから
二択、三択にしてみる。
 
氣になることがあったら、徹底的に調べる。
 
やりたい時にやり、やりたくない時はやらない。
 
 
そうやっていたら 少~しづつ
自分の心で行動できるようになったのです。
 
わたしは私を生きる。
 
自分の氣持ちを無視し続けていると、
らしさがなくなってしまうのですね。
 
だから 皆違って 皆良い。

あなたは あなたのままで いい。
 
そう 強く 思うようになりました。
 
 
人生に絶望する経験なんて 好んでしたくないけど、
でも私は 絶望することで 希望という光を見つけたのです。
 
 
人にどう見られるか?
とか
人に嫌われないように
とか
 
数秘術の性質を観てみても、
わたしには人を氣にする性質なんて1mmもないのに。
 
「人に合わせないと生きていけない。」
 
と3歳の冬に 思い込んだことで
自分らしくない生きかたを自分の意思で選択しました。
 
普通とか常識という概念は、私には とても難しく。
 
今もそれがよくわからないままだけど、
わかったようなふりするのをやめ
わからないままの自分でいいと認めてあげました。
 

人に合わせて文句をつけられるくらいなら、
やりたいことを好き勝手にやって、
それで文句を言われる方がいい。
 
やりたくないことを(我慢して)やって
イチャモンつけられたらムカつくけど、
やりたいことができていたなら
人にどう思われるか なんて 氣にならないから。
 
人の目を氣にするより、
自分の心に寄り添う方が心地が良いものです♪
 
 
相手のご機嫌をとるのではなく、
自分のご機嫌をとる。
 
また他者にご機嫌をとってもらうのではなく、
自分で自分接待する方が望みが叶うでしょ?
 

「わたしのこと、何もわかってくれない・・」
 
その切ない想いは、
あなたがあなたの心に寄り添っていない証。
 
本当は、
いつも繋がっていたい人って
他者ではなく自分自身なのです。
 
 
皮肉なもので、
ツライ経験のお陰様で 日常にある幸せに
氣づくことができるようになりました。
 
当たり前の素晴らしさは、
失うことで氣づくことができるのだけど
あなたには 無くす前に氣がついて欲しいから。
 
だから 徒然なるままに
わたしの心の中を書いてみようかな~
と今 思っているところです。
 
 
今日、あなたに伝えたいことは、
過去に執着するより、
今この瞬間に目を向け、いつもご機嫌でいよう。

ということ。
 


「日日是好日」


感じたことを感じたまま、
これから自由に綴っていこうと思います。


今日は、ここで終わり。

 

 

 

あなたの今が幸せがでありますように❤ 藍

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA